兵庫県淡路市の小児科・アレルギー科・内科 うえむら小児科内科クリニック

兵庫県淡路市の小児科・アレルギー科・内科 うえむら小児科内科クリニック

〒656-2132
兵庫県淡路市志筑新島6-11
TEL 0799-62-6550
▲Mobile Site 
トップページ»  お知らせ

お知らせ

今週のホワイトボ-ドから 「子どもの便秘」

  便秘は苦痛を伴えば、小児科医は「病気」として捉えています。子どもの便秘は成人の様々な疾患の火種になっているということは一般の方のみならず医者の間でも周知されておらず、今なお多くの「隠れ便秘」の子どもが未治療のまま苦しんでいるのが現状です。便秘の多くは習慣性で、その始まりは小児期に端を発するとされています。子どもの便秘から成人便秘に移行すると、精神疾患、循環器・脳血管障害などのリスクが高くなり、社会的な損失に繋がることが指摘されています。子どもの便秘は早期に診断し治療すれば予後は改善されます。昨年に慢性便秘に対する新しい薬が出現し(欧米では以前から使用)、管理がかなり楽になっています。週に2回以下の明らかな便秘は勿論、毎日排便があっても十分な量が出ていない場合や、コロコロ便が出ている子どもは要注意です。

待合室での感染を防ぐため、皆様方にはご協力をお願いしています

小児科の外来はインフルエンザを始め、感染する病気が多くみられます。当院では待合室でインフルエンザの様な感染力の強い病気の子どもと一緒に長く待つということは避けています。RSウィルス感染症・ウィルス性胃腸炎なども冬から春に多く受診されています。夏かぜも初夏から秋口に流行します。診察する前にこれらの病気の疑いがあれば、個室に入って待っていただいています。しかし診察室は7室あるのですが、それでも追いつかないことが最近多くなっています。ご協力の程宜しくお願い申し上げます。
 

診療のお知らせ・その他

【カウンセリング外来】
当院では臨床心理士という専門家による心理相談を行っています。不登校(かつては登校拒否と言われていました)・多動傾向のこども・育児不安の相談や、アトピー性皮膚炎で掻破行動がコントロールできないこども・喘息発作が精神的な要因で起こるこどもなども相談をお受けします。一度診察のうえ予約をいたします。毎週火曜日の午後に行っています。

【栄養相談】現在休止中です
毎週水曜日には、栄養士による栄養相談を行っています。肥満・高脂血症・痛風・食物アレルギーなどです。希望者は診察の上予約いたします。

【外来小児科での上気道感染症の抗菌剤ガイドライン】
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ped-GL/GL1.htm
を参照してください。

【こどもの救急】
http://kodomo-qq.jp/
日本小児科学会のサイトです。こどもの急病で困った時にアクセスしてください。